にゃんこくらげの読書日記

にゃんこくらげの読書日記

本好きの会社員が、好きなように本の感想を書くだけのブログです!

『革命前夜』-圧倒的現実に立ちすくんでも

f:id:nyankokurage:20210718163411j:image

#革命前夜

#須賀しのぶ

#あらすじ

時は1989年、ピアノに打ち込む眞山柊史(まやましゅうじ)は、敬愛するバッハを感じながら理想の音を求める為、ドイツドレスデン音楽大学に留学する。

やっとの思いでやってきたドイツだったが、東西に隔てられ彼らがDDRと呼ぶ東ドイツは長い貧困と圧政に色を失っていた。


戸惑いながらも必死にピアノへ向かう柊史だが、同じく音楽大学に通う学生達の才能と技術に圧倒され、次第にスランプに陥っていく

更に、素晴らしい天才だが自己中心的で奔放なバイオリニスト、ラカトシュに目をつけられ練習に付き合わされることになり、柊史はますます自分を見失いスランプを深刻化させる


もがき苦しむ柊史は、ある日教会で運命的な演奏に出会う。オルガンを奏でる美しい女性はクリスタといい、その才能は疑いようがない。にもかかわらず、彼女はシュタージ(国家保安省)の監視下にあり、満足に演奏出来る環境になかった。


国に翻弄されながら、自由や理想といったそれぞれの思いを音楽に求める青年達の、激しい生き様を描く。


#感想

音楽を題材にして、人種差別や圧政からの脱却を描いた作品と聞くと、"音楽の前では人は皆何者でもなく平等だ"的な物語を想像します。


しかしこの物語は違う。

むしろ真逆で、ガンガンに生まれた場所が影響する。自国の貧富とか、肌の色とか家族とか…

音楽の前では皆同じ?平等?

なにそれ頭に花生えてんの?って位、平和ボケした気持ちで手に取ると、感情の無い絶対零度の目で蔑まれる。

前髪ひっ掴んで、無理矢理眼前に見たくも無い現実突きつけられる感じ。


頑張れば必ずしも結果が出る訳じゃないのはどの世界でも言えるけど、最もシビアなのは間違いなく芸術の世界だろう。

大人であれば分かり切っている事実だが、だからこそフィクションでは、努力したらしただけ報われる物語を見たいと思うのが人情。


作者の須賀女史は、読者のそんな細やかでかわゆいメルヘンな気持ちを筆(もしくはキーボード)でぶった斬る。

更に、生まれ等、自分ではどうしようもないことがどれだけ大きな壁になり得るかを見せつける。

未来あるキラキラ目の少年少女が読んだらトラウマ級だよ!どうすんの!


我々平和ボケした国の凡人は、子ウサギのように震えながら読み進めるしかない。

せめて、せめて見届けるのだ…


須賀女史の描く物語が素晴らしいのは、どんなに圧倒的な力を見せられてボッキボキに折られても、その中から必ず立ち上がって一矢報いようとする人物が現れるところだ。

その姿は気高く美しく、応援せずにいるなんて不可能。

まさに、信じたい"人間"の姿がそこにある。


須賀女史の巧みな飴と鞭によって導かれる先は、この坂を登り切れば頂上がある、そんな予感をはらんだ美しいラスト。まさに革命を感じさせる、注目だ。

『人魚の眠る家』-善悪・正解不正解では決められない残酷な選択を前にしたらどうしたらいい?

f:id:nyankokurage:20210622235235j:image

#人魚の眠る家

#東野圭吾

#あらすじ

和昌と薫子の夫婦仲は、和昌の浮気が原因で冷め切っていた。

せめて娘である瑞穂の小学校受験までは表面的に円満な家庭でいようと二人が面接試験の予行演習に出かけた日、瑞穂がプールで溺れ意識不明との連絡が入る。


慌てて病院に駆けつける二人。

しかし待っていたのは残酷な選択だった。

目を覚ますことのない瑞穂を脳死と認め臓器移植を行うか、元に戻ることはないと知りながら延命治療を行うか。


曖昧な脳死の定義国内でのドナーの少なさから来る問題に、鋭いメスを入れた東野圭吾の衝撃作。

 


#感想

脳死の定義がこんなに曖昧だなんて知らなかった…

脳死判定と呼ばれる諸々の検査を2回づつ行い、いずれも脳の機能が働いていないとされれば脳死と判断される。

裏を返せば、脳死判定を行わなければ脳死と言えず、脳死でなければつまり"死"でもないと…


この制度に、瑞穂の両親、特に母親である薫子は気も狂わんばかりに翻弄される。

当たり前だ!


(ここからはネタバレを含みます。

  今後読むかもな人は引き返してね!)

 

 

 

 

 

 

 


瑞穂が生きていると信じ、脳死判定の実施を拒み続ける薫子を誰が責められるでしょう…

確かに延命治療にはお金がかかるし、瑞穂のケアには更に莫大なコストと人手、各方面のサポートが必要

でも、それを叶えられるだけの財力が和昌にはあるし、和昌も渋々ではなく前向きに私財を提供しているんですね。


そうと分かっていても、薫子が強欲に思えてしまう瞬間があります。それはもうね、東野圭吾の手腕によるものだと思います。

そうやってね、読者に揺さぶりをかけてくるんですよ!東野圭吾という男は!


だって、仕方なくないですか?周りへの多少の迷惑と、大切な身内の命、天秤にかけるまでもないのが本当ですよ。

それが他人目線で見ると身勝手に映ってしまう…(映るように誘導する東野圭吾)

守りたい、奇跡を信じたいなんて当たり前の感情なんですけどね。


臓器移植を選択される本人とその身内の方は、とても悩んだとしても、理解があり非常に思いやりのある方達だと思います。その選択は誰かの命を救い、心からの笑顔を生む行為です。

でも、間違えてはいけないのは、延命治療を選んだ方が優しくないなんてことは絶対に無いということ。

作中にも出てきますが、臓器移植を受けられることは望んでも、誰かの脳死を望むことはしないでおこう…ドナーを待つ側も戦っている。それは関係者全員、特に選択を迫られた側が一度は意識し悩むことでしょう。だから、この問題に正解や善悪はない。


ホントのホントに誰も悪くない場合、結局は自分が後悔しない道を選ぶしかないんだよな。。。

どう、思いますか?

 

▼『人魚の眠る家』を読んだらコチラもオススメ

『さよならドビュッシー』-深い哀愁と激情、そして至高の美しさを感じる名曲

f:id:nyankokurage:20210605215830j:image

#さよならドビュッシー

#中山七里

#あらすじ

地元の名士にして大富豪である香月玄太郎を祖父に持つ香月遥は、ピアニスト志望

持ち前の技量と努力の甲斐があり、特待生として音楽科への推薦も決まっている。

日々厳しい叱責に耐え続ける遥と共にレッスンを受けるのは、従姉妹の片桐ルシア。

両親を災害で亡くしたルシアには、香月家の養子になる話が持ち上がっており、元々仲の良い二人は姉妹になる予定だった。


しかし悲劇に見舞われる。

遥とルシアが玄太郎の住む香月家の離れに泊まったその夜、玄太郎の部屋から出火

火事は、瞬く間に燃え広がり…


肉親と身体の自由を失った少女が、過酷な運命になぶられながらも必死で再起をはかる


#感想

私の大好きな本の内の一冊です。

上品な世界観、強くあろうとする孤独な主人公、優しい理解者、恐ろしい秘密。

これぞ極上のエンターテイメント


いや、心情を言うと、エンターテイメントなんて呼ぶには悲しく切な過ぎる話です。


たった数ページからでも伝わる、失くすには惜しい魅力を持った登場人物が早々に退場してしまいます。読者にとっては数ページでも、若干15歳の女の子は彼らと過ごしてきた長い時間と大切な思い出、更に元の声やピアニスト志望者にとっては命のように大切な、しなやかな身体までも奪われてしまったのです。


前半の明るく希望に満ちた曲調から、絶望と怒りの中盤へ、そして激しい闘いを経て終盤に向かいます。フィナーレは何者かから赦させたような、やっと解放された穏やかな気持ちが表れています。

中山七里が奏でる、間違いなく名曲です。

『ラメルノエリキサ』-女子高生は爽やかに暴走する

f:id:nyankokurage:20210526234328j:image

#ラメルノエリキサ

#渡辺優

#あらすじ

復讐は誰かの為にするものじゃない、大好きな自分がすっきりしていられる為にするものだ。

女子高生の小峰りなには復讐癖がある。

そんな"りな"が夜道で刺された。相手の手がかりはただ一つ「ラメルノエリキサ」。

警察なんかに渡さない、絶対自分でケリをつける?!


#感想

なかなかブッとんだようなお話。


主人公のりなは、"完璧なママ"が大好きで同時に厭わしく思うマザコンをこじらせている。

そういうのって結構あるよね。

親から注目されたい、関心を買いたいながらに自立したくて鬱陶しくもある。

そして自分のことなんて見てないように感じていじける…


そう、これはなさそうで意外とあるあるなお話なのだ。

普通だったら犯人を追い詰めて復讐しようとかしない。

嫌な目にあった時、とことん相手が嫌がることを考えて、肉体的もしくは社会的制裁なんて与えたりはしない。


でも、想像したことない?

私をいじめたあの子、ひどく裏切ったアイツを懲らしめる為に、例えばゲスなやり取りの履歴をスクショして公開しちゃうとか。


誰しも、とは言わないけど一度は考える妄想を現実にやっちゃう子がいたら、自分と関係ないなら、それって結構気持ち良いんじゃ…?


話の進め方にちょっと強引なところがあるのはご愛嬌。

サクッと読み進めて下さい、青臭かった人生の一時を振り返るみたいに。

『水族館ガール』-面白かわいい動物達と頑張るお姉さん!

f:id:nyankokurage:20210511232921j:image

#水族館ガール

#木宮条太郎

#あらすじ

市役所で同じ仕事を3年間淡々と続けてきた嶋由香は、突然の人事異動で市立水族館へ出向となった。

右も左も分からないまま出向先の『アクアパーク』にやってきたが、資格も経験も知識も無い自分はどうやら歓迎されていないらしい。


配属されたイルカ課の先輩、梶はしょっぱなから「対等の意識がないと、名前では呼べない」とすげなく、チーフは絵に描いたような頑固親父。

最初は個々のイルカの識別すら出来ずに苦戦していた由香が、悪戦苦闘しながらそれでもめげずに頑張る青春お仕事コメディ


#感想

ライトな本を読みたくって手に取ってみた。

元々水族館は好きだし、爽やかなお仕事ノベルというのも良い。更に可愛い動物が出てくるなら、これは間違いない!


王道の、いきなり畑違いな職場に異動になったと思ったら、職場の人たち好意的じゃないしクセ強すぎだし私やることないし…

手は荒れるしネイルも出来ない。もう、素敵な彼氏が欲しいのに!

私、この先どうなっちゃうの〜?!

てかんじの話でした。


身も蓋もないかんじの書き方ですが笑

私としては、職場の生き物達の豆知識なんかが出てくるのが楽しかった。

繁殖期、イルカの鼻の使い方にはちょっと引いたけど…


それより由香が見る下ネタレベルの夢が、ちょっとね(汗

これは男の人が書く女の子だな〜、とつくづく思った。リアリティというか、あんまり共感要素が無い。

恋というより、なんか性欲ばっかり先走ってるし。

こんな可愛い表紙で、どんな感想だよ!


さて、ラノベ感は否めず(そもそもライトな本が読みたかったから間違えてはない)色々言いましたが、可愛い生き物の意外な生態が知れたり、失敗したり邪険にされてもメソメソせず割とあっけらかんとした由香ちゃんは読んでいて気持ち良かったです。


人気作品のようで2巻以降もあるらしい。

気が向いたら読んでみてもいいかなー。

『ダレン・シャンⅦ』-バンパニーズ大王を倒す為、再び冒険の旅へ

f:id:nyankokurage:20210414214232j:image

#ダレン・シャン

#黄昏のハンター

(#ダレンシャンⅦ)

#DarrenShan

#ダレンシャン

#あらすじ

バンパイア・マウンテンで起こった、バンパニーズとの戦いに勝利したバンパイア達。

中でも功績を認められたダレンは、力量の試練に失敗した上に一度は逃げ出した罪から放免する為、なんと元帥の地位に選ばれたのだった!


半バンパイアで初めて元帥となったダレンは、元帥の仕事をしつつ、他の元帥や師匠であるクレプスリーから学びを受け続けた。

やる事は山ほどある。前回はなんとかバンパニーズを退けたが、予言によるともうじきバンパニーズ大王が現れ、バンパイアは滅ぼされるというのだから!


バンパイア全員が忙しく立ち回っていたある日、謎の男ミスター・タイニーが現れる。ミスター・タイニーこそ、その昔に恐ろしい予言をした張本人だ。

ミスター・タイニーの更なる予言で、ダレンとクレプスリーの冒険が再び始まる!


#感想

バンパイア・マウンテンに来てから6年の年月が経ち、ダレンは一回りも二回りも大きくなった。

年を取りにくい体も少し大人に近付いたし(火の試練で失った髪も生えてきた!)、何より心の成長が著しい

物語はダレンとクレプスリーの冒険出発と共に、新たな章へと幕を切った感じがする。

新しく個性豊かな人物も登場した。


バンパイアは長生きする為子どもの身体はなかなか成長しないし、世の理とは一線を画す為入学式や卒業式といった決められたイベントもない。

そんな中、大きな戦いを終えて新たな旅に出るダレンが、一つの区切りを迎えた感じがした。彼の名前がタイトルになったこのシリーズも、ここが一つのターニングポイントなんだろう。

▼過去シリーズのあらすじと感想はコチラ

『慟哭』-人生とはこんなに辛いものなのか

f:id:nyankokurage:20210414213930j:image

#慟哭

#貫井徳郎

#あらすじ

胸に穴があいている…。

男はその埋めがたい虚無感から、次第に宗教へと救いを求めていく。男にはどうしても手にしたいものがあり、その渇望はやがて理性をもしのぐ。


舞台は変わって捜査一課。

課長の佐伯は、警察組織の中で孤立した存在だった。彼自身は有能だったが、生い立ちが周囲に色眼鏡をかけさせ、佐伯をも頑なにしていた。

そんな折、幼女誘拐事件が起り、采配は佐伯が振ることになった。騒ぐ世間、必死に捜査する警察。

しかし事件は解決の糸口を見せない。更に苦悩する佐伯を追い詰める出来事まで起き…


人の脆さをとことん突き詰めた傑作


#感想

読み終わって知ったのだけど、これ、貫井さんのデビュー作なの?!

この完成度、文章の重厚さ、語り手に感情移入させる技…

え、天才じゃん


物語は、虚無の支配から宗教に救いを求める男の話と、幼女誘拐事件を追う捜査一課長を中心にした話とが交互に進められる


世の中には、生まれた時から自分が付き合っていく"設定"を上手く利用しようと考える人と、しがらみだと感じて何とか逃れようとする人がいる。

他人からは羨ましいと思われるスペックも、本人にとっては足枷でしかないことも。


若手ながらキャリア組で課長の役職につく佐伯は、後者だった。

きっと佐伯が前者だったら、もっと生き易かったんだろうな。

優秀なんだから自信と余裕を持って、そして過去与えられなかった父親の愛情を、今度は自分が与えることで自身の癒しに出来たなら…

佐伯だけではなく、周りの人も少なからず幸せになれただろう。

気の毒ではあるけど、やっぱり私は、佐伯を純粋に同情出来ない。壊れた男の犯した罪を別にしても。


白状すると、読後はタイトルがしっくり来なかったんですよ。だけど一方で、佐伯に対する貫井さんの慈悲なのかもしれないとも思う。

プライバシーポリシー お問い合わせ