にゃんこくらげの読書日記

にゃんこくらげの読書日記

本好きの会社員が、好きなように本の感想を書くだけのブログです!

『正義の申し子』-混ぜるな危険?過激ユーチューバーと底辺チンピラ

f:id:nyankokurage:20230104123039j:image

#正義の申し子

#染井為人

#あらすじ

19歳の佐藤純は、リアルでは気の弱い引きこもりだが、タイガーマスクをかぶりユーチューブにログインすれば、たちまち“正義の申し子ジョン”になれる。

今日も悪者退治として、悪徳業者を嘲笑う生配信を行う為、架空請求詐欺を働く“㈱コスパ総合調査”なる組織へ電話を入れた。

電話に出たのは“森口”と名乗る関西弁の男。簡単に煽られる森口をおちょくるジョンの配信は大反響を呼ぶ。

気を良くしたジョンは、何とかしてもう一度森口と対決出来ないかと目論む。

そして、自分をバカにした生配信を全国に流された森口こと鉄平もまた、憤懣やるかたない思いでジョンに会うことを切望していた。

 

#感想

ユーチューバーが子どものなりたい職業ランキング上位に上がって久しいですね。

 

知り合いもチャンネル持ってて、そこそこの登録者数があるそうです。見たことはないけど(ひどい)

もはや身近にいることも珍しくないんだなぁ。

YouTube自体は、私もメイク動画とかたまに見ます。動画でやってくれるの、とても分かり易くて良いです(❛◡❛✿)

使われてたコスメがプチプラとかだと、次の日には同じの買っちゃう←チョロい

 

それでもいまだに、なんとなく苦手意識も持っちゃうんですよね(´・ω・`)

それは、一部のユーチューバーの行き過ぎた行動や、目立つ為に他人の迷惑を顧みない姿勢に嫌悪感を持ってしまうからだと自己分析。

 

もちろん一部ということは理解しているけど、ユーチューバーに限ってそんな!とか、ユーチューバーには珍しくたまにそういう人いるよね、という反応をする人は決して多くないはず。

残念ながら、そういうのは“よくあること”なんですね。

 

主人公、純(ジョンとも言うけどひとまずは“純”で統一)もそういったタイプです。

正義の申し子を名乗っていますが、やっていることはどう見ても自分の承認欲求を満たす行為で、それもどんどんエスカレートしていきます。

 

そもそもこの純、リアルでは妹に暴力をふるうとか、母親を家事する道具扱いするとか、気に入らないとすぐ声を荒げるとか…

好意的に思える要素が一切無い!

なので、最初は読み進めるのがちょっと苦痛でした(´・ω・`)

 

どちらかというと、家庭環境に恵まれず、狭い世界を歩んできてしまった鉄平くんの方が気になる。

やっていることは褒められたことではないんだけど(犯罪だし)、彼も生い立ちや環境が違ったら、面倒見の良い爽やかな青年だったのではないでしょうか。そういう世界線もあったんじゃないかな、と思わずにはいられなかった。

 

お話としては純の成長物語なのだと思います。でも、私の中での主役は鉄平くん

綺麗にまとまっているし、読後感は爽やかなので、スカッとするエンタメ小説を読みたい!って時にはピッタリですよっヽ(*'▽'*)ノ

『魔眼の匣の殺人』-あの衝撃作の第二弾!今度は"予言"が存在するのか…

f:id:nyankokurage:20221118222709j:image

#魔眼の匣の殺人

#今村昌弘

#あらすじ

W県旧真雁(まがん)地区では、かつて班目(まだらめ)機関によって超能力研究が行われていたという。

神紅大学ミステリ愛好会の会長、葉村譲(はむらゆずる)と唯一の会員剣崎比留子(けんざきひるこ)はその真偽を確かめる為、W県の山奥までやってきた。

道中、偶然道を共にすることになった男女6人と共に『魔眼の匣(まがんのはこ)』と呼ばれる施設を訪れると、そこには予言者と恐れられる孤独な老女が住んでいた。


老女サキミは何年も前から、ここで男女2人づつ、計4人がこの2日で死ぬという予言を行っていた。

サキミの予言は外れたことがなく、予言を恐れた地区の住人によって、魔眼の匣は外と繋がる橋を落とされてしまう。

異様な雰囲気のクローズドサークルに閉じ込められた男女10人。そして第一の犠牲者が…

 

#感想

葉村譲と剣崎比留子のシリーズ、待望の第2作目です!

今回も、類を見ない条件下での殺人が起こります。


"2日間で男2人、女2人が死亡する。"

閉じ込められた男女は次第にお互いを見張るようになりますが、そもそも予言という不確か極まりないものが前提にあるんですよね。


我らが美貌のホームズ、剣崎比留子は生まれつき災いを呼び寄せるという特異体質を持っています。

そんなハンデを背負ってでも生き延びられるように、彼女は自力で優れた観察力と推理力を身に付けたという設定は、偶然探偵が殺人事件に巻き込まれ華麗に解決するというよりある意味リアリティがあるように思えます。


今村作品の魅力は、キャラクターの強力な個性と、手垢のついていない世界観、そして奇天烈な前提を読者に飲み込ませてしまうある種強引な説得力にあります!


非現実的な状況は受け入れがたくても生き延びる為に一旦受け入れて、ただただ起こった事実を追うことで推理を進めていく。

そのファンタジーさと妙に現実的なアンバラスさがクセになり、新しさを感じさせるのかも。

ラストの衝撃はエグいけど、そう落とすか…と感嘆。最後まで手を抜かないところが、とても好き。

『蜜姫村』-山奥に潜む触れてはいけない秘密

f:id:nyankokurage:20220818122647j:image

#蜜姫村

#乾ルカ

#あらすじ

昭和37年7月、瀧埜上(たきのうえ)村という山奥の辺鄙な場所を一組の夫婦が訪れた。

夫である山上(やまがみ)一郎は昆虫学の研究をしている。昨年、偶然ここで日本にいるはずのない異形のアリを発見したことで、もう一度フィールドワークにやって来たのだ。

妻の和子は医師である。夫にくっついて来た形だが、その技術が医療過疎である瀧埜上村の役に立つと信じていた。

しかし、親切だった村人達は、和子が医師として診ようと持ちかけると態度を一変させた。


この村には、彼らが医師を必要としない絶対的な存在"蜜姫さま"がいる。

そしてそれは、余所者には決して知られてはいけない秘密でもあった…


#感想

こういう世界観、大好き!

横溝正史的というか、隔離された村・訳知り顔の住民・秘密・深窓の美女…わっしょい!!


ずっと同じことを繰り返してきた時が、ついに動き出すというシチュエーションも胸アツ

でも、大きな変化には決まって犠牲がつきものなんです。


グロい。

正直、結構グロい。

特に前半の山上夫婦の件は、ジワジワと嫌な方向に進んでるのが分かる息苦しさと、想像以上の絶望に、めまいを感じる程でした。

その時点で良くも悪くもこの世界に引き込まれてました。

割と古典的な話なので、途中で結末の予測はつくんだけど、それとは関係なく面白かった。


代々守って来たものをこれからも守る為に、犠牲を強いることを厭わない蜜姫。

威厳を持って、冷徹な程に徹底して約束を守り抜く姿には、姫と呼ばれ、かしずかれるだけの説得力があった。

生き様の美しさと残酷さが、なんとも耽美的


"繋げていく為に守る"、受け継がれる血の記憶を私はしがらみに感じてしまったので、ラストには少し釈然としないものも…

だけど、これまで守り繋げてきた人たちを切り捨てて一人だけ幸せになろうとしたら、その方が残酷なのかもしれない。

『medium』-"予想"を裏切る展開は不可避!

f:id:nyankokurage:20220705161454j:image

#medium

#メディウム

#霊媒探偵城塚翡翠

#相沢沙呼

#あらすじ

推理作家の香月史郎は大学時代の後輩、倉持結花から不思議な頼み事をされる。

曰く、夜な夜な枕元で女が泣くという不可解な出来事が起こる為、一緒に霊媒の元へついてきて欲しいのだと。

高級マンションにやってきた香月と結花は、そこで人形のような美貌の霊媒、城塚翡翠(じょうづかひすい)の常人離れした力を目にする。


この出来事をきっかけに、香月と翡翠はいくつもの事件に遭遇することになる。

自身の力で「犯人が分かっちゃいました」と言う翡翠だが、一つ難点が。"霊媒で見た"は証拠にならない。

翡翠の能力と、それを元に推理する香月。

二人はペアとして事件解決に当たるが、翡翠は、事件に関わり続ければいずれ自分は死ぬという避けられない予感を感じていた…


#感想

……


してやられたッ


気持ち良い位にしてやられた。いや、気付いてたんだけど、むしろ作者によって気付かされてたというべきか。


何を言ってもネタバレになりそうなのは、どうしたらいいの。

とりあえず読めば分かる。

そう言うしかないか。


(ここからはネタバレを含みます。

  今後読むかもな人は引き返してね!)

 

 

  

 

違和感はあった。

多分、本読みだからというより女性だから(ラノベ以外で「ひゃうっ」みたいに言ったりする女の子出てくる?)

その"気持ち悪さ"に蓋をしてしまったのは、「考えることを放棄してページを進めてしまった」から。

全く耳が痛いよ、相沢さん。


『medium』の巧妙さは、普段ミステリを読まない人には驚きをもって楽しませ、裏を読みたがる本読みに対してもその思考を逆手に取ってアッと言わせる、誰が読んでも驚きがある点だ。

犯人に気付いた時、油断して更にその裏にある真実を見落としてしまう。

"我こそが気付いた!"と思わせるのは、その実、本当に隠したいことを隠す為に気付かされていたという

滑稽だね。なのに、それすら快感だなんてミステリ好きは全く救いようがない(私です)。

『DIVE!!』-胸が震える少年たちの熱い闘い

f:id:nyankokurage:20220326205927j:image

#DIVE‼︎

#森絵都

#あらすじ

普通の少年なら当たり前に享受出来るいくつもの楽しみに蓋をして、痛みや恐怖に耐え続ける。

全てはわずか1.4秒の美しさの為に!


赤字運営でいつも存続の危機に立たされているミズキダイビングクラブ。そこに在籍する、中学生の知季(ともき)。

クラブ唯一の高校生ダイバー、要一に憧れながらも、友人の陵やレイジと楽しく飛込みを続けられれば良いと思っていた。

そんな時、新任コーチとしてミズキ会長の孫娘がやって来た。


夏陽子(かよこ)のアメリカ仕込みのコーチングに疲弊し不満をこぼしながらも、力をつけていく生徒たち。

更に知季は特別に自主トレメニューを渡され、挙句の果てに目指す先はオリンピックだと言われて…?!


いくつもの試練に立ち向かい、挫折し、再び足を踏み出す少年たちの熱いストーリー!


#感想

これまでの人生でベスト10の本を選びなさいと言われたら、私はきっと『DIVE‼︎』を手に取ると思う。

それ位すばらしくワクワクし、胸が熱くなり、何度も鼻をすすり、熱に浮かされてきた本なのだ!


主役の少年3人、知季、要一、飛沫の苦難と成長とそれを見守る人達のストーリー。

何が素晴らしいって、序盤は飛び込みが中心のドラマで、誰がどんな風にハードルを越えるかっていうのを楽しませてくれるのね。

そこから一人一人をフォーカスしたストーリーになるんだけど、読者はその度にフォーカスされた人物を一番好きになるし一番応援したくなる。


そうなるともう大変!

この子もあの人も、こんな思いとあんな時間を重ねて来たのかと、どんなモブっぽくてもそれぞれが人生の主役で、人の数だけドラマがあるんだと思い知らされる。なんて使い古された…語彙力が足りない…!

一緒に手に汗握り、一緒に打ちのめされ、一緒に絶望し、そしてまた前を向く。情緒をつかさどる部分が疲弊して寝れない!

そうこうしてる間に、物語はどんどん深みを増して、語られる人の数だけ輝きを増していく


普通はこんなに沢山の人物を登場させたりフォーカスすると、ごちゃごちゃしてきて途中でダレそうなもんだけど、鬼才森絵都

息つく暇も与えず、最後まで走り抜け見事な着地点へノースプラッシュでフィニッシュ!!

観客は呆気に取られ、一瞬遅れで割れんばかりの大歓声が響き渡るでしょう。

 

ただの青春ドラマでは決して味わえない深みと興奮。

あぁ、この感情を是非味わっていただきたい。

『夜市』-ホラーというより怪異

f:id:nyankokurage:20220217212944j:image

#夜市

#恒川光太郎

#あらすじ

「夜市」と「風の古道」の2作収録。


「夜市」

女子大生のいずみは、高校の同級生裕司に誘われ夜市に出かける。

中裕司から説明された話によると、その夜市では、この世では決して買えないものが売り買いされているという。

子どもの頃に弟と夜市に迷い込んだという裕司は、"野球選手の才能"がどうしても欲しくなった。だが手持ちは無く、そして夜市では買い物をしない者は客とはみなされない-

幼い裕司はどうやって夜市から帰ったのか?そして何の為にまた戻ってきたのか…


#感想

子どもの頃の罪を、ふいに思い出すことがあります。

小学生時分、ケンカした友だちをキツい言葉で言い負かしたこと。

当時は得意になってたけど、大人になってから不意に"あぁ、なんて酷いことを言ったんだろう…"と後悔したり。

その友だちとは当時も特別仲が良かった訳じゃ無いし、もう名前も顔もうろ覚えでしかないんだけど、その出来事だけは苦い思いと共に時々フラッシュバックします。


その他にも、保身の為についた嘘や、構ってほしくてかけた迷惑。

列挙すればキリが無いし、もしあの頃にもう少し分かっていればと思うと、身悶えて胸が苦しくなる(いわゆる黒歴史)


子どもはワガママで傲慢で考え無しの生き物。なぜなら、知識と経験と相手の身になって考える想像力が足りないから。

でも、それが罪になるのなら、人生は厳し過ぎると言えるかも。


子どもでも、その時出来る精一杯で優しくしたり、相手を気遣ったり、自分の欲を我慢したり、難しいけど、出来る範囲で頑張るべきだとは思う。

ただ、子どものキャパは小さいから。そのキャパを超えて思わず取った行動に対しては、どこかで"ごめんなさい!"って反省して次に進まないと、きっと過去に囚われて今を生きられない大人になってしまう。


現実世界と表裏一体ながら遠いところにある"あちらの世界"。

正常な世界なら絶対に手に入らないものが、簡単に手に入ってしまうような"あちらの世界"。

そんな所に迷い込んでしまったら、しかもそれが子どもの時だったら、一生後悔するような過ちをしでかすかも…。


決してハッピーエンドでは終わらない。

だってそれで人生が終わる訳じゃないんだもん。これからも生きていかないといけない。

怪異ってそういうものでしょ?だから怖い。


恒川さんの描く怪異は、水墨画のような祭りの後のような、静かな物哀しさがあって秩序があってすごく美しい。

決してスプラッタでなく、日本の昔話的なそんな怖さを持つ世界は、覗かずにはいられない、強烈な引力と魅力を持っていました。

『神様の罠』-豪華過ぎる短編集!

f:id:nyankokurage:20220116191251j:image

#神様の罠

#辻村深月 #乾くるみ #米澤穂信 #芦沢央 #大山誠一郎 #有栖川有栖

#あらすじ

辻村深月乾くるみ米澤穂信といった豪華作家陣による短編集。


「夫の余命」乾くるみ

余命短いことを知りながら夫婦になった美衣(みい)だが、失ってなお愛する夫のことが忘れられない。

病院の屋上から飛び上がった美衣は、夫との日々に想いをはせる…


「投了図」芦沢央

地元で行われることになった注目の将棋大会。

将棋好きの夫はさぞ喜ぶだろうと思われたが、意外にも興味を示さない。

そんな時、コロナ禍での大会開催を良く思わない嫌がらせの貼り紙が掲示される。

自身も嫌がらせに合った経験のある美代子は心を痛めるが、よく見るとその字には見覚えが…


#感想

わーー

わーーーーーっ

見て、この作家さんラインナップ!

凄すぎて即買い一択なんだけど!


実のところ、初めましての作家さんもいたのだけど、8割は好きな方々。

それもどんでん返しがお得意な方ばっかじゃん!

そんな作家陣の書く『神様の罠』って、もう絶対面白いことが約束されとるっ


と、大興奮で購入しました。

複数の作家さんの短編集ってあんまり読まないんだけど、今回は別。

むしろ一冊で全部読めるなんて贅沢が過ぎる!


そしてどの作品も期待を裏切らない。

短編の中に、ちゃんと各作家さんの個性が見て取れるよ!


(ここからはネタバレを含みます。

  今後読むかもな人は引き返してね!)

 

 

 

 

芦沢さんの、暗く思い詰めた人の心情描写は短編でも色あせない!

そして始めの印象と最後に明かされた真実で、ガラッと異なるところも!この巧妙さよ。確かに、確かに"人"ってこうよね。悲しくて切ない…でもそれだけじゃない。


乾さんは…この人ほんまブレへん。

余命いくばくもないことを承知の上で結婚した美衣は、愛する人を失ったことを嘆きながら、過去を振り返ります。

病人を気遣えば気遣うほど、遺される人間を想えば想うほど、それは後になって倍のゲスさで返ってくる。


さて貴方は、どの話が好き?

プライバシーポリシー お問い合わせ