にゃんこくらげの読書日記

にゃんこくらげの読書日記

本好きの会社員が、好きなように本の感想を書くだけのブログです!

『毒を売る女』-中毒性のあるブラック短編集

f:id:nyankokurage:20210401164934j:image

#毒を売る女

#島田荘司

#あらすじ

表題「毒を売る女」を含め8作品の短編集。


「毒を売る女」

幼稚園予備校以来のママ友、大道寺靖子は大変な美人の上、羽振りが良く周囲の目を気にしない傍若無人さを持っていた。

他の母親達から敬遠される彼女が、ある日私と医者である夫に相談したいことがあると言ってきた。

深く考えずに承諾した私だが、それは狂気を孕んだ事件へと繋がっていく。


「渇いた都市」

田中昂作は、ゴムボートを製作する中小企業のしがない現場主任である。

真面目だけが取り柄の彼の唯一の楽しみは、なじみのスナックおた福で飲むことだ。美人がいる訳でもない店だが、居心地が良く通っている。

そんなおた福で、華のように美しい恵美という女が働き出し、客の注目を一斉に集めることになった。昂作もその内の一人だが、地味な彼は名前すらも覚えてもらえない。

ところがある日恵美から相談を持ちかけられ、それは彼の人生を左右することになる。


#感想

島田荘司先生が、きっと好き放題に書いたショートショート

話の長さも特徴もてんでバラバラで、本当に好きなように書いたという印象。

それだけに、多種多様なミステリが楽しめる。


表題の「毒を売る女」はめちゃめちゃ引き込まれた!

主人公の主婦が、群を抜いてセレブなママ友の秘密を知ってしまったことで追い詰められ崩壊していく。その過程がホラーだし、どうにもならないなんとも気の毒な背景がモヤッとさせる。

イヤミス(後味が悪いミステリ)かもしれないけど、本当のイヤミスではない。

ラスト、あのように主人公に語らせたのは島田先生らしいと思う。


その他、特に面白かったのは「渇いた都市」と「糸のことジグザグ」かしら。

前者はこっちの方がはるかにイヤミスじゃない?と思うんだけど、どこか哀れで滑稽なの。主人公のキャラの差ね。島田先生ったら残酷(^^;


後者は、読む人が読めば分かる、あの大人気キャラクターがチラリと登場!

私は、「〜であります」のセリフで"あー!!"となりました笑 やっぱり好き。

疾走感が伝わり、いつの間にか語り手の焦る気持ちにシンクロしていた。

お洒落なオチも、あのシリーズならでは。

もちろん、シリーズを読んでいない人も楽しめる作品。

プライバシーポリシー お問い合わせ